投稿

数に親しむ絵本とおもちゃ

イメージ
小さな子どもにとって、手でいじって遊べるおもちゃは、体感的にいろいろなことを覚えていくのに、とっても大切です。2歳くらいから、少しずつ数の概念を子どもに教えていくことになりますが、いきなり「数字」を教えようとすると大変です。

 「数字」ではなく、身の回りのいろいろなものを数えることから遊びとして取り入れていくのが自然で楽しくできるコツです。体の部位を触りながらカウントしてあげるのが、一番最初赤ちゃんの頃から自然に始められます。お目目が2つ、お鼻が1つ、おててが2つ、お指は5本と5本で両手合わせて10本。抱っこして、体の部位を触りながら、その部位のお名前を言って優しく数えていきます。

 そのうち、その子のお歳を指で「2歳」「3歳」と表現できるようになり、だんだん数を数えることができるようになったら、おもちゃの数、お菓子の数、お皿の数、靴の数、キッチンからトイレまで何歩で行けるか?お家からコンビニまでの間に電信柱は何本あるか?お出かけ先に着くまでに赤い車を何台見るか?などなど、親子でなんでも数えてみよう!ゲームをすると、案外大人も楽しくワイワイ一緒に遊びながら数に親しんでいくことができます。

 スタッキングやパズルなど、2歳くらいから楽しく遊べるもので、理数系のセンスを刺激するおもちゃは、いろいろあります。3歳くらいから遊べるお店屋さんごっこのレジのおもちゃなども、ちょとずつ数字と親しんでいく楽しいおもちゃです。マグネットになっている数字のおもちゃなどは、形を手指でなぞっていじって遊べるので、数字を読んだり書いたりを教える前に使うと、その子の頭の中に数字の形がイメージとして記憶されますのでスムーズに読み書きへシフトできます。

 5歳以上になってくると、100までの数、10進法の概念を理解していくことが、だんだん少しずつ求められていきますが、この辺も100までいろいろな絵を数えさせるカウンティングの絵本や、絵本「100かいだてのいえ」シリーズなど、楽しく良い絵本がいっぱいあります。

 小学生になってからは、算数をテーマにした英語の絵本で、丁寧な図解・挿絵とフラップの仕掛けを上手に使った良い絵本が出ています。



 小学校低学年までに、ビーズやおはじきなどを数える遊び、カップや箱でいろいろなものを計量する、物差しやメジャー、歩数などを使っていろいろなものを測る、お菓子やお…

From Joy in NY 毎日の子どもの食事について

子育て情報の記事をNYでPonoLipoのコーディネーションをしてくれているJoyがセレクトして送ってくれました。今回はbabycenter.comに掲載されている中で、Joyが気になった記事だそうです。 いかがでしょうか。


“Should the whole family eat the same thing for dinner?” - BabyCenter.com
晩御飯は家族全員同じものを食べた方が良いですか?
https://www.babycenter.com/404_should-the-whole-family-eat-the-same-thing-for-dinner_69552.bc
好き嫌いを言う子どもに合わせてその子のためだけに晩御飯のメニューを作るのは面倒かもしれません。しかし、家族全員でその子が好きなものしか作るらないというのも不満がたまるものです。その場合、晩御飯に出すおかずの種類を増やしてみるのをおすすめします。1、2品子供が好きなものを出せば、後のものは今嫌いでも食べる回数を増やすことで子供も次第に食べるようになるかもしれません。

"7 superfoods to boost any kid’s diet” 栄養満点のスーパーフード https://www.babycenter.com/101_7-superfoods-to-boost-any-kids-diet_10392752.bc
好き嫌い、食べ残しで悩んでいるお母さんにオススメする栄養満点の食材。いつものメニューに加えるだけで健康な子供を育てます。 7つのスーパーフードはアボカド、ブルーベリー、むぎ、サーモン、ほうれん草、さつまいもと、ヨーグルト。
“When will my toddler stop needing a nap” 子どもは何才までお昼寝が必要ですか? https://www.babycenter.com/404_when-will-my-toddler-stop-needing-a-nap_7646.bc
1歳未満のお子さんは大抵1日2回(午前・午後)のお昼寝が必要です。1歳半を過ぎたお子さんの多くは午後のお昼寝のみに変わります。それ以降はお子様それぞれの環境などによって大きく左右されます。約半数の4歳児はまだお昼寝が必要とされ、5歳でも10人に3人はまだお昼寝するとされ…

Education 早い時期からの幼児期の絵本読み聞かせが、就学前の語学能力促進につながる

イメージ
5月8日サンフランシスコで開催されたPediatric Academic Societies Meetingで発表された新しい調査報告で、生後間もない頃から2歳頃までの乳幼児に対する両親の絵本読み聞かせが、その4年後の就学前の子供の語彙力、言葉の理解力、文章を読む技術に大きく影響することが、報告されました。読み聞かせをする時間、絵本の数といった量的側面と共に、読み聞かせる子どもの年齢・発達に応じた内容の絵本であること、読む時に両親が子どもとあれこれ言葉を交わして、絵を指さして説明したり、主人公の気持ちについて問いかけたりと対話することが、絵本の読み聞かせの質を高めることにつながるとのことです。

Reading with children starting in infancy gives lasting literacy boost
Shared book-reading that begins soon after birth may translate into higher language and vocabulary skills before elementary school

https://www.sciencedaily.com/releases/2017/05/170504083146.htm

Date:May 4, 2017
Source:American Academy of Pediatrics

Summary:
New research shows that reading books with a child beginning in early infancy can boost vocabulary and reading skills four years later, before the start of elementary school.

アメリカの都市部の公立病院で出産した250組の母子が、このリサーチに参加し、6か月から4歳半までの長期間モニターされて導かれた結論ということです。

PonoLipo Shopでも、常日頃ベビーの頃から、絵本を使って赤ちゃんに語り掛けることをおすすめしています。ベビー用の絵本は、赤ちゃんにパパやママがお話するための道具だと思って、ご自身が一番ピンときて、これならいろいろお声かけしたり、…

WEBアンケート「インターネット時代、みんな子育て情報をどこで得ているの? 」

PonoLipo こども Lab では、先月末に自由が丘のお祭りTHE J こどもひろばにて、子育てに関するアンケートを実施して、2日間で129票の回答をいただきました。
そのアンケートの中から「インターネット時代、みんな子育て情報をどこで得ているの?」という質問についてフォーカスしたアンケートをインターネットをご利用になっている皆さま向けに作成いたしました。
個人情報を含まず、匿名にてご回答いただけるように設定してありますので、よろしければ忌憚のないところをお答え下さいませ。また、ご回答いただいた方には、全体の結果が表示されますので、皆さまの日々の子育て生活のご参考になさって下さいませ。
ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
※最初の1票は、もう子育て終了したPonoLipo 小高が、テスト回答しておりますこと、ご了解くださいませ。
...
◆アンケートのご回答は下記URLをクリックして下さい。ネットアンケート画面が表示され、そのままご回答いただけます。
「インターネット時代、みんな子育て情報をどこで得ているの? 」
https://jp.surveymonkey.com/r/CCZST2Y



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★PonoLipo Shop 自由が丘
No Kids, No Life! 子どもといっしょ♪をテーマに子どもと一緒に過ごす時間を大人も子どもも楽しんで学べるような絵本やおもちゃを選りすぐって取り揃えました。サンプルも豊富に用意したプレイスペースもあります。
〒152-0035 住所:東京都目黒区自由が丘2-18-15 1F TEL&FAX:03-5726-9936 E-mail:staff@ponolipo.com HP: ponolipo.com 営業時間:AM11:00〜PM17:00 (金土、祝前日はPM18:00) 定休日:毎週水曜日

★PonoLipo WEB Shop おまけのリーディング動画付き英語絵本と知育おもちゃを一緒にお求めいただけます!
http://ponolipo.shop-pro.jp

アクティビティブックは、子連れ旅の味方

イメージ
アメリカでは、手のひらサイズのものから絵本サイズのものまで、様々なアクティビティブックが、街角や本屋さん、ちょっとしたドラッグストアなどなど、いろいろなところで販売されていました。これは大人でいえば雑誌のような感覚で、線をつないで絵を作ったり、迷路をしたり、塗り絵をしたり、簡単な言葉や数字のクイズに答えたり…という知育的な裏付けのある遊びが、いろいろたくさん詰まった遊び絵本です。好きなページから好きなように楽しくできるように工夫されています。その子にとっては、楽しく自由に遊んでいる感覚で、実はその年齢に必要な知育要素をおさらいしていくことができます。
 ハワイに住んでいた頃、夏休みに子どもを連れて日本に長期間里帰りする時など、何冊も買い込んで行ったものです。東京のマンションや両方の実家へと旅する間中、アクティビティブックは、大活躍しました。いつものおもちゃや絵本が無い旅先で、ちょっとしたスペースで広げて遊べる絵本です。特に飛行機や新幹線など、静かに座って大人しく時間を過ごさなければいけない間は、本当に重宝しました。
3才以上から、ぼちぼちこうしたアクティビティブックで遊ぶことができるようになります。ポノリポショップでは、手のひらサイズの日本語のアクティビティブックを「PonoLipo Playbook」としてオリジナルで販売しているほか、英語のアクティビティブックをたくさん揃えています。シールがいっぱい入っているものや、抜き型になっていて組み立てて遊べるものや、クラフトになっているものなどなど。あれこれ選ぶだけで、大人も前のめりで楽しくなるアクティビティブックは、子連れの旅行をワイワイ楽しく会話が弾み、親子とも楽しく思い出深いものにしてくれます。
 日本の幼児教育でよく見るワークブックの場合、課題が優しい順に並んでいるなど、教え込もうとする側面が大きく、子どもにとっても親にとっても余り楽しくも面白くもないお勉強になってしまうものが多いのですが、欧米のアクティビティブックは、自由度が高くその子自身の感覚とペースで好きにできることが特徴です。

Child Psychology 人種差別行為が、子どもの心身の健康に与える影響

イメージ
トランプ政権が誕生して、学校でも人種差別的、排他的な行為や言動が見られるようになってきたことを受けて、2017年5月4日American Academy of Pediatricsが、全米の児童健康調査に基づくレポートを発表しています。


Exposure to racism harms children's health https://www.sciencedaily.com/releases/2017/05/170504083210.htm
Date:May 4, 2017Source:American Academy of Pediatrics Summary: New research illustrates the unhealthy effects racism can have on children, with reported exposure to discrimination tied to higher rates of attention deficit hyperactivity disorder(ADHD), anxiety and depression, as well as d ecreased general health.


 政治的な意図が多少あるとしても、the 2011-12 National Survey on Children's Healthの95,677事例を分析した結果として報告されていますので、その報告の重要性は大きいといえます。
 人種差別的な行為や言動を体験した子どもに、不安や抑うつ傾向、ADHDなどが、高く見られる傾向が、報告されています。


 日本でもヘイトスピーチや、ネット上での人種差別的な言動などが問題視されていますが、そうした行為・言動が子どもに与える影響について、大人はもっと自覚しなければと思います。特に子育てしている親は、そうした行為や言動が、子どもに及ぼす負の影響について意識して、子どもを守らねばならないと思います。「人種」に限定されず、いじめの問題なども、同様の影響があると考えるべきではないでしょうか。

 レポートの最後に、両親のケアや、友達やお手本となる人物の存在とその関りによって、回復が見込まれるとありますから、周囲の大人が、小さな兆候を見逃さずに日常愛情をもってケアしていけば大丈夫とい…

Child Psychology  父親の幼い子どもの発達に与える影響はとても大きいとのこと

イメージ
皆さんが思っている以上に、幼児期の子どもの発達に与える父親の影響が大きいという研究結果が、Early Childhood Research QuarterlyInfant and Child Development.という2つのオンラインのアカデミックジャーナルに昨年7月掲載されています。


Dads play key role in child development https://www.sciencedaily.com/releases/2016/07/160714110912.htm


Date:July 14, 2016 Source:Michigan State University Summary: Fathers play a surprisingly large role in their children's development, from language and cognitive growth in toddlerhood to social skills in fifth grade, according to new research.


 これまで、父親の乳幼児の発達に対する影響は、母親に比べて比較的小さいものと考えられてきましたが、最近の研究では、父親が子どもの発達に与える影響が、短期的にも長期的にも重要であることが分かってきました。Early Head Startという父母参加のペアレンティングプログラムに参加した全米17か所の730家族をリサーチした結果として、ミシガン州立大学の研究結果が報告されています。

2、3才の幼児期の認知と言語の発達において、父親の与える影響は母親以上に大きいということです。幼児期の子どもの行動に対する影響では、母親と父親は同等の影響力を持っていますが、特に父親の影響は、より長期にわたり、小学校高学年頃まで、子どもの社会性(自立性・協調性)に影響を与えるという結果が出ています。

 両親が、子育てにイライラしたり、仕事や家庭のことでストレスを感じて抑うつ的な状態になってしまうことは、子どもの発達に大きな影響を与えてしまうということをまずパパもママも意識して、苦しい時は、家族や友人、専門のサポートなどの助けを遠慮なく借りて、自分たちだけで背負い込んでしまわないようにして下さいね。

 ちょっとしたおもちゃや絵本、…