投稿

From NY Joyの子育てレポート 理想的な早期教育ってあるの?

イメージ
皆さんと同じように、NYで二人の子育てに奮闘しているJoyから、とっても大事なことが書かれている記事を見つけたので紹介したいということで、NPR(National Public Radio)のニュースサイトに掲載された「早期教育」についての記事とJoyの解説が送られてきました。これは、Tania Lombrozoという「学習」について研究している認知心理学の研究者によって書かれ、2017年8月28日にNPRに掲載されたものです。

Joyの活用している情報源として、このNPRをブックマークしてアメリカについてのいろいろな記事を読んでみても面白いと思いますよ。



What Should We Be Teaching Young Children?理想的な早期教育ってあるの?
http://www.npr.org/sections/13.7/2017/08/28/546811975/what-should-we-be-teaching-young-children?utm_source=facebook.com&utm_medium=social&utm_campaign=npr&utm_term=nprnews&utm_content=20170828
年々学力を優先する世の中、子供の教育に良いと思いまだ鉛筆も上手に持てないうちからドリルを買っている親御さんが多いのではないでしょうか。私もその一人です。しかし、子どもの成長発達というのは学校で教えている国語・数学・英語などの勉学面だけに限られるものではありません。多才で豊かな大人に成長するには情緒的発達、社会性の発達も重要です。そういった能力を育てるには音楽などの情操教育や「聞く話す読む書く」といった言語学習が大きな役割を果たすと言われています。
この記事によると子供の教育にとって「何」を勉強するかだけではなく、「いつ」身につけるかも重要だと書いてあります。例えば極端な例ですと天才ピアニストを育てるには3歳からピアノを習わないと絶対音符が身につかないと言われています。しかし、ピアノの先生をされている親戚に伺うとある程度指の発達や手が鍵盤に載せられないとピアノを習うこともできない。早すぎても、遅すぎても最大限の効果が求められない、子供の脳の発達というのはとても敏感でタイミングが大切だと言うことが分…

英語の文化を理解する大切さ

イメージ
英語は、どっぷり浸かって真面目に勉強してみると、独特のリズムとフレーズを持つ大変音楽的な言語です。英語圏から、ジャズやロックなどの新しい音楽が生まれてきた理由が分かる気がします。

この英語の音楽的な楽しさ、面白さから英語学習に入ると、その魅力が理解しやすく、楽しく英語学習をすることができます。「音」から入る言語習得は、幼児期の子どもの言語習得と同じ道筋ですので、お子さまと一緒に楽しい遊びとして家庭に取り入れることができます。

英米で親しまれている昔からの伝承童謡「マザー・グース」や、新しく創作された童謡や子供向けのRhymeを総称して「Nursery Rhymes」といいます。英語では、昔から韻を踏んでRhymeを作っていくことが広く言葉遊びとして定着しています。日本語でいえば七五調と同じような感じでしょうか。韻を踏むことによって英語の音楽的な面白さが際立ち、老若男女を問わず楽しめるものになります。詩も、そうしたRhymeの文化をベースにしていますので、朗読されるものをライブで聴く方が翻訳されたものを読むより、面白さが理解しやすかったりします。ラップミュージックの面白さも、この韻を踏むRhymeをベースにしたものです。


英語圏の、現代の文化に脈々とつながっている歴史的な文脈を、幼い頃から吸収して理解していくことは、成長して実際に英語でコミュニケーションを取っていく場面で大変重要になります。日常交わされる会話の端々の機微、映画やドラマでの会話の妙味、ギャグやジョークなども、そうした文脈の中から生まれてくるからです。

教材として日本で開発されたものだけで英語を覚えていくだけでは、そうした大きな文化の文脈を理解できず、実際の会話場面でのコミュニケーションが困難になります。教材中心となる学校やお教室での英語教育をサポートして楽しく英語の世界を広げていくために、ご家庭ではなるべく教材ではなく、英語圏の子どもたちが日常接しているコンテンツを散りばめていくことが大切です。

韻を踏む独特の英語の文化を理解し教養を育む絵本やお歌に、幼い頃に接する機会を持つことが、大人になってから英語圏の文化をよりよく理解する土台になっていくのです。ポノリポショップでは、マザーグースなどのお歌のCD付絵本や、Phonicsを取り入れた物語絵本など、Rhymeの文化を理解することができる絵本をたくさん取り揃え…

睡眠不足は、子どもの情緒に長期的に悪い影響を与える

イメージ
Lack of sleep increases a child's risk for emotional disorders later
NIH-funded study reveals long-term emotional effects of poor sleep



https://www.sciencedaily.com/releases/2016/07/160722104137.htm

Date:July 22, 2016

Source:University of Houston
Summary:Children who experience inadequate or disrupted sleep are more likely to develop depression and anxiety disorders later in life according to recent research. The study seeks to determine the precise ways inadequate sleep in childhood produces elevated risk for emotional disorders in later years.

去年の7月ヒューストン大学の臨床心理の助教授Candice Alfanoを中心としたヒューストン睡眠と不安につての研究センターによる、思春期前の7歳~11歳の50人の子どもを対象とした調査研究により、睡眠不足や睡眠の中断が、子どもの情緒に大きな影響を与えることが判明しました。不安や抑うつなどのネガティブな感情が増幅しやすいという傾向と共に、ポジティブな感情を生じにくくさせ、楽しいことや嬉しいことを十分享受することができなくなるという結果が出たそうです。
そして、こうした傾向は、数年が経過した後に現れる傾向にあり、その子の思春期へ向かう心の有り様に大きな影響を与える可能性があるということです。
自分自身に自信を持って、幸福を素直に幸福と感じていけるように育ってほしいと願うならば、夜更かしせずに、夜は早めに寝かしつけ、途中で眠りが中断したりしないように、静かで安らかな睡眠環境を日常キープすることが、大切ということです。

University of Houston. "Lack of s…

欧米と日本の大学のシステムの違い

イメージ
前回、グローバルな大学ランキングについてお話いたしましたので、その流れで、日本の大学と欧米の大学の大きなシステムの違いについて、今回お話したいと思います。これを知っているかどうかで、「留学」に対する考え方が大きく変わると思います。

日本の場合、ある大学から他の大学や他の学部へ転籍することは可能ですが、大変難しいイメージがあります。どの大学のどの学部へ入るかが、人生を左右する大きな選択となりますので、その入り口の受験のところで、ものすごく加熱します。入ってしまうと、それほど必死に勉強しなくてもなんとなくレールに乗って卒業して就職できてしまったりという人も少なくないのではないでしょうか。

私自身、夫の海外赴任の時に「アンクラシファイド・スチューデント」というステイタスでハワイ大学で留学を短期間経験しました。これは「学部を卒業して大学院での専攻を決めるために、単位を取得し成績がつく形でいろいろな学部の授業を受けることができる」というステイタスです。

この時に知ったのですが、アメリカの大学には「トランスファー」という制度が広く定着していて、一旦入学した大学での成績やTOEFLのスコア、日本の高校や大学での成績表、健康診断表などなどを提出申請して許可されれば、アメリカ中のどの大学のどの学部へも転籍編入可能なのです。

最初、TOEFLのスコアが、それほど高くなくても、治安の良いハワイなどの大学に留学して一生懸命勉強して良い成績を上げ、TOEFLのスコアを上げれば、本来自分の行きたいと思っていた難しい大学の学部への編入も、その後十分可能ということです。

ただ、ここでまた日本の大学のシステムと大きく異なるのですが、田舎ののんびりした大学で、入学時にそれほど高い成績を必要としない大学でも、先生たちのレベルと熱意は非常に高く、良い成績を上げるには、日本の受験勉強に匹敵するほどの真剣でハードな勉強が必要という点です。そして良い成績を上げれば、日本では考えられないような手厚い奨学金なども申請可能です。成績が良くなければ、奨学金の条件も良くなく、自分の進みたい方へは行けないという、とてもシビアな実力主義であることを忘れてはなりません。

成績も、クラスの何%をAといった相対評価ではありません。最初の授業の時に、先生が、クラスの出席が何%、課題が何%、テスト何%と、その授業でやる内容の構成を…

世界の大学ランキングを発表しているQSってご存知ですか?

イメージ
ネットのニュースで、世界の大学ランキングで、日本の大学が年々順位を落としているというニュースをご覧になった方も多いと思います。ニュースについているリンクをクリックして、どの国のどの大学が、どのような順位にランクインしているかチェックされた方も多いかもしれません。

QS World University Rankings 2018
https://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2018

けれど、この世界大学ランキングを発表しているQSという団体が、どんな活動を行っているかまで調べて読み込んだ方は少ないのではないでしょうか。将来お子さまを海外の大学へ留学させたいというお気持ちをお持ちのパパ、ママは、ぜひブックマークして、ご自身の英語のトレーニングもかねてQSのサイトを読み込んでいくことをおすすめします。

QSのオフィシャルサイトは、世界の大学のランキングを掲載するだけでなく、各大学それぞれの規模や教育ポリシー、研究分野、設備、留学生の受け入れ体制、授業料まで、様々な情報を比較検討可能な形で掲載しており、大学院・MBAの総合入学情報ガイドとして構築されています。また一方で、世界各地で、各大学のMBAや修士・博士課程のグローバルな説明会ツアーを主催しています。

QSについて
https://www.topuniversities.com/about-qs

ロンドン、パリ、ブカレスト、シュツットガルト、ムンバイ、シンガポールにオフィスを持ち、250人のスタッフが働いているグローバルな組織ということです。QSワールドMBAツアーは、39ヵ国70都市で開催され、5万人のMBA就学希望者を世界中の高いレベルのMBAコースを持つ大学関係者に引き合わせており、修士・博士課程のツアーは、31ヵ国の47都市で開催され、4万人の進学希望者が参加しているということです。

ちなみに今年は、10月28日の東京を皮切りに、修士・博士課程への進学説明会のQSワールドツアーが開催されるようです。

ここで、気になるのが各国各都市で開催される説明会への世界の大学の参加状況ですが、東京7ヵ国11校(内アメリカは1校)、ソウル11ヵ国25校(内アメリカ6校)、成都(Chengdu)6ヵ国12校(内アメリ…

ビンタなどの体罰は、しつけといえるか?

イメージ
最近有名なジャズミュージシャンが、教え子にビンタをする映像がネットやTVで流され、平手で子どもを叩く行為の教育的な効果について大きな議論を呼びました。著名な芸能人や文化人の中に、しつけや教育的指導法として、そうした体罰を擁護する意見も散見されましたので、1年前のテキサス大学オースティン校の研究レポートについてご紹介いたします。

Risks of harm from spanking confirmed by analysis of 5 decades of research

Date:April 25, 2016
Source:University of Texas at Austin
Summary:The more children are spanked, the more likely they are to defy their parents 
and to experience increased anti-social behavior, aggression, mental health problems 
and cognitive difficulties, according to a new meta-analysis of 50 years of research on spanking. 

https://www.sciencedaily.com/releases/2016/04/160425143106.htm



ビンタ(平手で顔を打つ)やスパンク(平手でお尻や背中を打つ)などの軽い体罰も含めて、いかなる体罰も、教育的に期待される効果が全くないばかりでなく、逆効果であるということが、16万人の子どもを巻き込んだ50年以上の調査研究により明確に実証されているということです。

にもかかわらず、世界中の親の80%が、しつけとしてビンタやスパンクなど、なんらかの体罰を効果があるものとして子どもに対して行っているという実態調査の結果が、2014年UNICEFから出されています。体罰を受けた子どもが、親になった時に同じように自分の子どものしつけに体罰を行う傾向があるということも、広く知られています。日本だけでなく世界中で、体罰を受けた子どもの方が反社会的な衝動を抱きやすく様々な心理的な問題を抱えやすいという研究結果が出ても、なおこの負の連鎖をきっぱりと断ち切ること…

発語の発達に関するWEBアンケート経過報告です

イメージ
現状、19票しかアンケート回収できておりませんが、3~4歳のお子様をお持ちの方で、現在の発語のレベルが、「自分から積極的に大人に今日あったことやお友達のことをお話することができる」から「お友達同士トラブルなくコミュニケーションできる」という安定したレベルにある6名の皆さんが、家庭での日常のコミュニケーション状況についてあてはまる項目を全て選ぶという28項目の質問に関して、全員20項目以上に〇を付けているという結果が出ましたので、2歳以下のお子さまのいらっしゃる皆さんの参考になるものと思い、途中経過をご報告いたします。

発語に関するアンケート経過報告

リンクの表を見ると、赤ちゃんの頃から、皆さん積極的にお声掛けして抱っこしたり頬ずりしたりスキンシップを取ったりしていることが分かります。6か月~1歳の頃には、絵本を開いてお話したりし始めています。子ども中心の生活ながら、周囲の人や夫婦間、自身の家族との関係も良好で、パパ・ママ自身の外部とのコミュニケーションも活発なことが分かります。

ただ6人中半数しか該当するという回答の無かった5項目を見ますと、このようにコミュニケーションの活発なご家庭でも、難しい局面で話をすること、厳しいことを教える、叱るような局面でのコミュニケーションは苦手なようです。またパパ・ママ自身がリーダーシップを取って子どもと接していくことも、ちょっと遠慮があるようです。

ここは、やはりパパがリーダーシップを取って、厳しい話や難しい局面を引き受けていく中、ママがそれを理解してサポートしていくというような連携が大切だと思います。もちろんその逆の方がしっくりくるご家庭は、ママがリードしてパパが上手くサポートすればよいと思います。楽しいこと、面白いことだけでなく、厳しいこと、難しいことも、力を合わせて乗り切っていくことが、おふたりの子どもを大きく成長させる鍵になると思いますので、パパ、ママ頑張って下さいね。PonoLipo も微力ながらお手伝いして応援します!





うちは、みんなコミュニケーションが苦手で、なかなかこんなふうにできないとお感じのパパやママ、諦めないで下さいね。コミュニケーションは、つまり人間関係で、上手くいかなくなるとどんどん悪循環を起こして煮詰まって苦しくなっていきますが、逆にちょっとしたきっかけで柔らかくなるとどんどん好循環になって円滑になっ…