欧米と日本の大学のシステムの違い




前回、グローバルな大学ランキングについてお話いたしましたので、その流れで、日本の大学と欧米の大学の大きなシステムの違いについて、今回お話したいと思います。これを知っているかどうかで、「留学」に対する考え方が大きく変わると思います。

日本の場合、ある大学から他の大学や他の学部へ転籍することは可能ですが、大変難しいイメージがあります。どの大学のどの学部へ入るかが、人生を左右する大きな選択となりますので、その入り口の受験のところで、ものすごく加熱します。入ってしまうと、それほど必死に勉強しなくてもなんとなくレールに乗って卒業して就職できてしまったりという人も少なくないのではないでしょうか。

私自身、夫の海外赴任の時に「アンクラシファイド・スチューデント」というステイタスでハワイ大学で留学を短期間経験しました。これは「学部を卒業して大学院での専攻を決めるために、単位を取得し成績がつく形でいろいろな学部の授業を受けることができる」というステイタスです。

この時に知ったのですが、アメリカの大学には「トランスファー」という制度が広く定着していて、一旦入学した大学での成績やTOEFLのスコア、日本の高校や大学での成績表、健康診断表などなどを提出申請して許可されれば、アメリカ中のどの大学のどの学部へも転籍編入可能なのです。

最初、TOEFLのスコアが、それほど高くなくても、治安の良いハワイなどの大学に留学して一生懸命勉強して良い成績を上げ、TOEFLのスコアを上げれば、本来自分の行きたいと思っていた難しい大学の学部への編入も、その後十分可能ということです。

ただ、ここでまた日本の大学のシステムと大きく異なるのですが、田舎ののんびりした大学で、入学時にそれほど高い成績を必要としない大学でも、先生たちのレベルと熱意は非常に高く、良い成績を上げるには、日本の受験勉強に匹敵するほどの真剣でハードな勉強が必要という点です。そして良い成績を上げれば、日本では考えられないような手厚い奨学金なども申請可能です。成績が良くなければ、奨学金の条件も良くなく、自分の進みたい方へは行けないという、とてもシビアな実力主義であることを忘れてはなりません。

成績も、クラスの何%をAといった相対評価ではありません。最初の授業の時に、先生が、クラスの出席が何%、課題が何%、テスト何%と、その授業でやる内容の構成を全て開示して、その点数振り分けも公表します。生徒は、真面目に授業に出て、課題に対して自分のベストを出し、コツコツとひとつづつ点数を積み上げていくしかAを取る道はありません。

先生のレベルと熱意が高いのは、先生たちも世界中から集まって来て、フリーランスで、更に上の大学や大学院での研究職を目指している勉学に励む途上にある人たちだからです。研究論文の質と数、発表や講演などの精力的な活動状況、授業に対する生徒や大学からの評価などによって、メインランドの有名大学のスカウトマンが、これは!という先生をスカウトして引き抜いていくのだそうです。今日田舎の大学でも明日はIvyリーグの教壇に立つかもしれないわけです。また一線で活躍してきた年配の人を小さな大学がスカウトして引っぱって来ることもあるようで、片田舎ののんびりしたハワイ大学でも、イランからきたコミュニケーションを研究する女性の先生や韓国から来た社会学の先生、ケネディ対ニクソンの選挙戦からキャリアを築いた筋金入りの女性ジャーナリストの先生など、びっくりするような素晴らしい先生にたくさん出会い授業を受けることができました。

授業を最前列の真ん中で聴き、授業が終わった後に先生の部屋を訪ねて質問したりすると、次々と私が読むべき本のリストや、考えるべき課題、コンタクトを取るべき人のリストをメールで送って来て下さったり、場所を変えてじっくり一対一で議論をして下さったりと、その「扉を叩けば、どんどん開かれて道が出来ていく」感覚は、知的冒険という感じで、ほんとうにワクワクドキドキするエキサイティングな経験でした。

どの学校も、今ではインターネットの公式サイトで、留学するための申し込みフォームや必要書類の説明が分かりやすく掲載されており、1ケ月ほどあれこれ手配して準備すれば、直ぐにアプリケーションが、インターネット上で提出できる仕組みになっています。また、ほとんどの大学にドミトリー(寄宿舎)があり、快適で手頃な料金でステイできる大学も少なくありません。

もし将来お子さまを欧米の大学へ留学させたいとお考えでしたら、いくつかの大学のサイトをチェックして、実際にその応募方法を読み込んで確認してみて下さい。質問もメールでやり取り可能になっています。自力でやろうと思えば、それほど苦労せずにできると思います。この関門を業者にお任せして何十万円も取られているケースを多々耳にしますが、この関門を自力でクリアできなければ、現地へ行っても全部通訳できる業者任せで、お金が掛かるばっかりで英語が出来るようにはなりませんから、最初の関門は、ぜひ自分達自身で!と、ご両親も一緒にチャレンジしてみて下さいね。



子どもが小さな頃から、英語でいろいろな教育情報を検索したり読み込んだりすることを日常に取り入れておけば、案外いざという時に慌てず、いろいろな選択肢を俎上に載せて親子で話し合うことが可能です。

日本の中の狭いシステムだけで子どもの進学を考えていくと、ものすごく暗く息苦しくなっていく場合でも、いざとなったらいろいろ選択肢はあるぞ!世界は広いぞ!という気持ちの余裕があれば、かなり現実との向き合い方も違ってきます。

お金は掛かりますが、小さな頃からコツコツ準備して、業者を頼らずに自力で突破すれば、それほど無理な話ではないと思いますし、そういう感覚を持って子育てしていくと、現実の狭くて息苦しい課題も、深呼吸しながらニコニコ乗り越えていけると思います。

今年5月に実施したアンケートで、子育てするママの情報入手経路が、口コミと園や学校からのお知らせにすごく偏っていることが浮き彫りになりました。ママ友も大事、園や学校も大事。忙しい日常の中で、視野を広げていろいろな情報の入手経路を開拓していくのは、ほんとうに大変なエネルギーを要することだと思います。

私自身の経験をお話しますが、日本語でインターネットを検索すると「これだ!」という教育情報が、なかなか見つけられない場合でも、英語で検索すると「え?!」というくらいスルスルと自分が知りたい分野のさまざまな情報が手に入ったりします。「アカデミックな情報」に関しては、この彼我の差は息をのむほどです。

ぜひお子さまと一緒に英語にチャレンジして、パパ、ママご自身の世界も、お子さまと一緒に広げていって下さいね。一緒に手をつないで山登りしていく感覚、一緒に力を合わせて小さなヨットで大海へ漕ぎ出す感覚を得られれば、子育ては至福の楽しさで、家族みんなの人生を美しくドラマチックなものにしますから。PonoLipo のスタッフは、いつでも皆さんが一歩踏み出すチャレンジを応援しています!



・・・・・・・・・・・・・・・・


PonoLipo Shop 自由が丘


No Kids, No Life! 子どもといっしょ♪をテーマに子どもと一緒に過ごす時間を大人も
子どもも楽しんで学べるような絵本やおもちゃを選りすぐって取り揃えました。
サンプルも豊富に用意したプレイスペースもあります。




住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-18-15 1F

TEL&FAX:03-5726-9936

E-mail:staff@ponolipo.com


営業時間:AM11:00〜PM17:00 (金土、祝前日はPM18:00)

定休日:毎週水曜日





★PonoLipo WEB Shop

おまけのリーディング動画付き英語絵本と知育おもちゃを一緒にお求めいただけます!


コメント

このブログの人気の投稿

From NY Joyの子育てレポート 理想的な早期教育ってあるの?

Child Psychology  父親の幼い子どもの発達に与える影響はとても大きいとのこと

Parenting 両親のデジタルデバイス利用が、子どもに与える影響